名古屋で家を建てる際の人気ハウスビルダー

サーラ住宅

サーラ住宅は、愛知県を中心として、その周辺地域に根付いたハウスビルダーとなっています。本社はもちろん愛知県内にあり、多くの人が利用している業者です。サーラ住宅は3つの理念を掲げて営業を行っているのですが、1つ目は顧客を第一に考えることです。やはり顧客あっての業者なので、顧客を大切にして、希望をかなえられるような住宅を建てるというのは当然でしょう。

2つ目は住み心地をよくするという点です。家というのは、疲れているときに落ち着ける唯一の場所だと言っても過言ではありません。その住宅が快適でなかったら、高いお金を出して購入する必要はないでしょう。住宅は一般の人の場合、一生に1回購入するのがやっとなのです。しかもローンを組んで数十年払い続けてやっと自分の物になるので、落ち着ける快適な空間でなければいけません。

3つ目は地域や自然との調和です。愛知県内は名古屋市などを中心にとても栄えています。人口も多くて毎日たくさんの人が行きかうのですが、まだ自然も多く残されている地域だと言えるでしょう。自然は日本の宝であり、子供たちの世代に残すべき存在です。だからこそ無駄な自然破壊を行って家を建てるのではなく、自然や地域に調和した家づくりを行っているのです。

アエラホーム

アエラホームは東京都内に本社を構えている業者で、愛知県も含めて日本全国いろいろな場所で営業を行っています。そのため、ハウスビルダーというよりも、ハウスメーカーと言った方がよいでしょう。日本全国にはいろいろなハウスメーカーやハウスビルダーが存在しているのですが、どこの業者であってもこだわりが存在しています。それが日本企業の強みだと言えるでしょう。

アエラホームの場合には、省エネという点に力を入れています。現在世界中で人口が増加しています。しかも化石エネルギーが尽きかけているという状態であると共に、地球温暖化問題によって、少しでも使用するエネルギーを控えようという動きが高まっているのです。エネルギーの使用量を控えることができれば、当然電気代やガス代なども抑えることができるので、その分生活が楽になるでしょう。

それを実現させたのがアエラホームなのです。それが証拠に、アエラホームはハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2014大賞に輝いています。しっかりと機密処理をすることで、熱を逃がさず断熱効果を高めました。それによって冷暖房の使用率を減らすことができるのです。当然空気がこもってはいけないので、しっかりと換気できるような工夫も行われているため安心です。

クラシスホーム

日本で4番目に多い人口で、関東と近畿地方の中間にある大きな都市が愛知県です。そんな愛知県の県庁所在地が名古屋市なのですが、名古屋市内にも地域密着型のハウスビルダーが存在しています。その1つがクラシスホームという業者です。2004年に創業した会社なので、まだ新しいのですが、すでに多数の実績があります。もちろん顧客の多くが愛知県民となっているのはいうまでもありません。

クラシスホームでは、余計なコストを抑えて多くの人が家を建てられるようにいろいろな工夫をしています。現在は不景気な時代が長続きしていることもあり、金銭的に余裕がない人が増えている状態です。しかも政治家の悪政によって増税が行われた上に、物価高になってしまいました。土地の値段が上がっているのに、裕福にならない国民が多いのであれば、やはり建築費用を抑えるしかないでしょう。

それを実現させたのがクラシスホームなのです。なぜこのようなことができるのかというと、中間マージンの排除と無駄をしっかりと省くことができたからだと言えるでしょう。実際に家を建てるときには、設計などを他の業者に依頼することが多くなります。また、無駄な作業を行うことも多いので、このようなことを無くしたため、安い料金で家を建てることができるのです。

ハウスビルダーとは

ハウスビルダーと言われても、何の事だかわからないという人もいるでしょう。ハウスビルダーというのは、簡単に言えば家を建てる仕事をしている業者のことです。工務店やハウス設計などの建築関連業者のことを指すのですが、最近はやたらと横文字を多用する風習が蔓延しているので、よくわからない言葉がたくさん存在しています。同じような言葉にハウスメーカーというのがあるのですが、この2つは何が異なっているのでしょうか。

基本的にはどちらも一緒なのですが、ハウスメーカーは大手の建築関連業者のことで、ハウスビルダーは比較的小規模な建築関連業者を指すのが一般的です。ハウスメーカーは日本全国いろいろなところに営業所や支社などを設けていることが多いのに対して、ハウスビルダーは地域密着型になっているので、長い間同じ地域に暮らしているという人は、やはり地域密着型の業者に依頼をすることが多いでしょう。本来日本の業者というのは、昔から地域密着型が一般的なのです。

そのため、業者独自の技術を持っていることも珍しくはなく、門外不出として地域で守られてきたのです。近年はグローバル化という風習が広まってしまい、外資に乗っ取られてしまう企業も増えています。これでは日本の高い技術を守り通すのが難しくなってしまうでしょう。それでも地域密着型のハウスビルダーの中には、現在でも頑張って仕事をしている業者がたくさんあります。当サイトでは地域密着型のハウスビルダーについて、いろいろと紹介をさせていただきます。